よくある質問
【小児歯科に関する質問】

Q:歯磨きはいつから行うべきですか?

A:歯の生え始めから始めてください。
お子さんの乳歯が生え始める生後5~6ヶ月ごろから歯磨きを始めましょう。
さらに、歯が生える前から歯磨きをするための準備をしておくとより良いです。例えば、お口まわりを手で触わったり、お口の中をガーゼなどでやさしくぬぐったりして、お口の中や周りを触られることに慣れさせると良いでしょう。お子さんとの「お口スキンシップ」の始まりとなります。
そして、乳歯が生えはじめたら、歯ブラシを口の中に入れることから始めます。声をかけながら、遊び感覚で、やさしく、ゆっくり、少しづつ、できるところから無理なく始めましょう。
1歳ごろになり、上下の前歯4本が揃うようになったら、ちゃんとした仕上げ磨きのスタートです。最初のうちは思うように磨かせてくれないと思いますが、歯磨きをしながら音楽テープやビデオをかけるなど歯磨きの時間が楽しくなるように努め、毎日の習慣になるように心がけてください。

Q:子どもが歯科医院に行きたがらないのですがどうしたらよいでしょうか?

A:まずは歯科医院に慣れることから始めましょう。
お子さんが嫌がる場合、いきなり治療を始めるようなことはしません。
お子さんに説明だけをする、スタッフと遊んでもらう、ユニットに座ってもらうなど、まずは歯科医院に来ることに慣れてもらうことからスタートし、段階を踏みながら治療を行いますので是非お子様と一緒にご来院ください。
ただし、治療の緊急性がある場合には、可能な範囲で治療を行ったり、専門機関にご紹介することがあります。

Q:フッ素塗布は何歳から可能ですか?

A:なるべく早い時期での塗布をお勧めします。
乳歯・永久歯共に生えて間もない時期はフッ素塗布の効果が発揮されやすいので、歯が生えてきたらなるべく早い時期に歯科医院でフッ素塗布をしておくことをお勧めします。しかし、フッ素を塗れば安心というわけではなくその後の歯磨き習慣化や食生活のチェック、定期健診を行うことが大切です。

Q:小児歯科には何歳から通ったらいいですか?

A:何歳からでも大丈夫です。
小児歯科には年齢の条件などはありません。
お子様のお口の中や歯のことで気になることがあれば、お気軽にご来院ください。