歯周病治療

「歯ぐきが腫れて血が出てくる」
「歯がグラグラするようになった」
このような症状に悩んでいる場合、あなたの歯は歯周病になっている可能性があります。
歯周病は口の中の細菌によって歯ぐきに炎症が起こり、歯を支える顎の骨(歯槽骨)が壊されていく病気です。ある調査で、歯周病は30歳代の方の90%以上が罹患し、40~50歳代の方の50%が歯周病によって歯を失っていることが分かっています。歯周病は初期段階で症状が自覚しづらく、いつの間にか症状が悪化していくことがあるため、「沈黙の病(サイレント・アーミー)」とも呼ばれる厄介な病気です。また、虫歯で溶けてしまった歯が自然に治らないのと同様に、歯周病によって溶けてしまった歯槽骨を元に戻すことは困難です。
そのため、定期的なお口の衛生管理と予防を徹底することが大切です。

歯周病の進行段階

軽度歯周病

歯ぐきに炎症がみられ、ブラッシング時に血がでることがあります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の隙間)がやや深くなった状態で、歯を支える顎の骨(歯槽骨)が少しずつ溶かされ始めます。

中程度歯周病

炎症がさらに拡大し、歯槽骨も半分近くまで破壊が進み、歯ぐきの腫れや出血がひどくなるほか、歯のぐらつきなども感じるようになります。
ここまでの段階では歯を抜かずに歯科での治療が可能です。

重度歯周病

歯槽骨が半分以上破壊され、口臭がきつくなり、歯ぐきが退縮して歯のぐらつきが悪化します。
治療をせずに放置すると、歯が抜け落ちることがあります。
この段階までくると、歯ぐきの手術による歯周組織の再生治療や抜歯が必要となります。

歯周病の基本的な治療方法

はじめに歯周病の検査を行い、歯周病の進行状態を確認します。
続いて、患者さんの歯磨き状況を確認します。その上で歯科医師や歯科衛生士が、患者さん一人ひとりに合った歯磨きの方法を一緒に確認していきます。
その後歯についたプラーク(歯垢)を取り除きます(プラークコントロール)。
毎日丁寧な歯磨きをしていても、どうしても磨き残しが出てきてしまいます。残ってしまった歯垢が歯にこびりついて固まることで歯石となりますが、歯科医院でスケーラーと呼ばれる器具を使ってきれいに取り除くことができます。
歯垢や歯石を掃除して歯の周りをきれいにした後、歯周病が改善されたかどうかをもう一度検査します。
歯周病の進行段階によっては治療の際に薬の服用や、歯ぐきを切開して歯の根の周りについている歯石の除去を行ったりします。

ご自身でできる歯周病チェックリスト

歯周病は自覚できないまま進行してしまうため、日々の歯の状態のチェックが重要になります。
下記の症状がある方は歯周病の疑いがあるので受診をおすすめします。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 口の中がネバネバする感じがする
  • 歯ぐきから出血がある
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきがかゆい
  • 最近口臭が気になる
  • 歯が浮いたような感じがする
  • 歯の噛み合わせが変わった感じがする

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はお口の中だけでなく、様々な病気・症状と関わりがあることがわかっています。

糖尿病

歯周病は糖尿病の合併症の一つと考えられてきましたが、重度の歯周病になることにより「炎症性サイトカイン」という物質が血液中で増加し、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害することで糖尿病が悪化する恐れがあることがわかっています。
一方で、歯周病を治療することによって糖尿病を改善できる可能性があるということも研究によって立証されています。

低体重児・早産

妊娠することで女性ホルモンの一種であるエストロゲンが体内で多く生成されます。
エストロゲンは女性が妊娠・出産するためにはなくてはならないホルモンなのですが、その一方で歯周病菌の増殖を促す、歯肉を形作る細胞を侵食してしまうといった作用もあります。
近年の研究で、妊娠中の女性が歯周病に罹患していると低体重児および早産の危険性が高くなることがわかっており、通常時に比べて7倍にものぼると言われています。
妊娠中は特に注意してお口の衛生管理を行う必要があります。
しかし、妊娠してからの歯科治療には制限がある場合があります。したがって、特に妊娠を考えている方は普段からお口の健康を保つことを心がけ、できれば事前に歯科医院で検診を受けると良いでしょう。

動脈疾患(心筋梗塞・脳梗塞など)

歯周病菌によって動脈硬化を誘導する物質が体内で生成され、血管内にプラーク(脂肪性沈着物)を発生させることで血液の通り道を狭くすることが近年の研究でわかっています。
歯周病をそのままにしておくと、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈疾患を引き起こすリスクが高まる可能性があるため、早期の治療が重要になります。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは食べ物などの異物を肺や気管に誤って飲み込んでしまうことで発症する肺炎です。歯周病菌が異物と一緒にお口の中に侵入すると、誤嚥性肺炎のリスクを高める恐れがあります。
誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは歯周病菌であるため、歯周病ケアが発症の予防に重要です。

歯周病とタバコの関係

喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病にかかりやすく、悪化しやすいこと、さらには治療しても治りにくいことが明らかになっています。
タバコを吸うことで、タバコの中の有害物質が歯ぐきの血管を収縮させます。すると、歯ぐきの免疫力が低下します。加えて、歯周病による歯ぐきの腫れや出血が見かけ上抑えられるので、歯周病にかかっていることに気づきにくくなり、気づいたときには重症化していることもあります。
一方で、禁煙を行うことでこれらのリスクが下がることも明らかになっていますので、歯周病の治療をきっかけに禁煙してみるのはいかがでしょうか。

歯周病の予防を行い歯を守りましょう

歯周病の進行は自覚症状が少なく、放置しておけば様々な全身疾患を引き起こす危険のある恐ろしい病気です。
虫歯や歯周病といった歯の病気にもっとも有効な治療法こそ毎食後のブラッシングです。
正しいお口のケアの方法を身につけて歯周病や虫歯を未然に予防し、お口の中を清潔に保つ意識を身につけましょう。
また、歯科医院での定期的な衛生状態のチェックを受けることで、歯周病の早期発見・予防を行うことが大切です。