PMTC

PMTCとは

PMTCという言葉を聞いたことはありますか?

PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士などのプロフェッショナル(Professiona)による器具を使用した(Mechanical)歯(Tooth)の清掃(Cleaning)のことの略称です。端的に言うと歯医者が行う専門的な歯のクリーニングになります。
普段ご自宅でしている歯磨きだけではどうしても落とすことができない歯の汚れでも、歯科医院でのクリーニングで確実に落とすことができ、仕上げに高濃度フッ素を塗ってもらうことで虫歯予防にもなります。
虫歯予防における先進国スウェーデンでは、PMTCを定期的に受けることで虫歯になる確率が1/70まで下がるという研究がされています。
自分の歯磨きだけはなく歯科医院での専門的な歯の清掃を行うことで、虫歯予防に大きな効果を発揮することができます。

歯磨きだけでは難しい虫歯・歯周病予防

毎食後しっかりと歯磨きをしている人でも虫歯になってしまうことはあります。食後にしっかりと歯磨きを行えば虫歯や歯周病は予防できると思われています。
毎日歯ブラシやデンタルフロスなどを使って歯を磨くのはとても大切な習慣ですが、残念ながらそれは誤りで歯磨きだけでは虫歯や歯周病を完全に予防することはできないのです。

PMTCによる歯垢の除去

PTMCの効果が発揮されるのはは歯垢を完全に落とせることにあります。

歯垢は歯に付着してしまった細菌の塊(バイオフィルム)です。歯垢は粘着性のあるヌルヌルとした物質をつくることで歯に付着し、歯の隙間や奥歯などの歯ブラシの届きにくい場所に付着してしまうと用意に落とすことができなくなります。
そのためPMTCで使う歯科医院専用の器具を使うことで、普段のブラッシングでは落とすことが困難な歯垢をしっかりと取り除きます。
歯垢を落とすことによって口臭も抑えられ、歯のヌルヌルとした感触もなくなるのなど、様々な効果を得ることができます。

PMTCによって得られる効果

虫歯の予防

歯の表面やお口の中にこびりついた細菌性バイオフィルムを除去し、フッ素で歯をコーティングすることで汚れの再付着を防ぐことで虫歯予防に効果を発揮します。

歯周病の予防・改善効果

歯面から歯肉縁の部分に付着したプラークを除去することで、歯肉炎を改善すると同時に歯肉を刺激することで歯肉自体を引き締め、歯周病予防に繋がります。

歯質の強化作用

研磨用ペーストに含まれるフッ素によって歯へカルシウムが補給されることで、歯の再石灰化を促します。これにより歯の表面(エナメル質)が強化される効果があります。

審美性の向上

タバコのヤニやコーヒー紅茶などによって沈着した歯の色素を取り除き、白く光沢ある本来の歯を取り戻します。また、汚れが付きにくい口内環境を整えます。

PMTCの流れ

Step1.歯面と歯の隙間の清掃

研磨ペーストを歯面に塗り、専用のチップ・ブラシを使って清掃します。
同時に、普段のブラッシングではなかなか取ることができない箇所に付着した歯石・着色汚れを電動歯ブラシのような特殊な機械で取り除いていきます。
歯面のクリーニングにはエアフローと呼ばれるジェット噴射で水とパウダーを歯に吹き付けることで頑固な着色も取り除く機器を使用します。
歯面がきれいになった後、歯間ブラシやデンタルフロスで歯と歯の間を綺麗にしていきます。

Step2.歯面の磨き上げ

歯面研磨材を用いて、歯の表面に光沢が出るまで丹念に磨き上げていきます。
歯面をツルツルに仕上げることで、再び汚れがつくことを防ぎます。

Step3.仕上げのフッ素コーティング

仕上げに歯の再石灰化や抗菌作用を持つフッ素をお口全体の歯へ塗布します。
高濃度のフッ素を塗ることにより菌に対する抵抗力を強くします。
その後は患者様に応じた適切なブラッシング方法のアドバイス、予防に効果的な食生活などのご提案をします。

PMTCのQ&A

Q.PMTCをすると歯は白くなりますか?

A. PMTCには歯を白くする効果はありません。

歯の汚れを落とすことにより歯の表面の着色は落とすことはできますが、漂白をするわけではないためので歯の色は変化しません。

Q.PMTCはどのくらいの間隔でするのがいいですか?

A. 患者様個人の歯の状態によって変わります。

歯の状態を見た上で患者様お一人お一人の差はありますが、歯の着色が目立つ方は月に1回、一般的には3〜4か月に1回ほどの頻度で行うとよいでしょう。

Q.PMTCの処置は痛くないですか?

A.痛みはありませんが若干しみる場合があります。

歯のクリーニングには特殊なブラシ等を使用するので痛みを感じません。
ただし、研磨ペースト等の薬品を使用するため多少しみることがあります(個人差があります)。

Q. 保険はききますか?

A. 処置内容によって異なります。

歯石の除去などは保険適応の範囲になりますが、タバコのヤニ等の汚れ・歯の着色の除去は保険適応外となります。