新型コロナウイルス感染と口腔ケア

仙台市泉区の歯医者 明石台歯科医院 新型コロナウイルス感染と口腔(こうくう)ケア

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、歯やお口の中を健康にしましょう!

いまだ終息の見込みがたっていない新型コロナウイルスですが、その感染経路や感染後の症状などから、お口に関することも今までいろいろ報道されています。今回、特に歯科と関係あることについてピックアップしてみます。ただし、これから述べることはまだ確立された見解ではないことをあらかじめお断りしておきます。あくまでもご参考程度にお読みください。内容として、

  • 新型コロナウイルスは口から感染する?
  • 歯周病がウイルス感染を招きやすくする?
  • 口腔ケアはウイルス感染予防に有効なのか?
  • 当院のプロフェッショナルケアについて

になりますが、結論から申し上げますと、やはり歯やお口をきちんと健康な状態を保っておくことが新型コロナウイルスの感染から身を守る方法のひとつではないかと思います。

それでは一つずつご説明していきます。

新型コロナウイルスは口から感染する?

新型コロナウイルスは、人の粘膜などの細胞に付着し、そこから内部に侵入、増殖し、全身にまわります。従って皮膚についてもそこからは感染しません。手などが口、鼻、目の粘膜に触れたり、ウイルス飛沫が直接それらの粘膜に付着することで感染すると考えられます。
ウイルスは粘膜の中のACE2受容体を持つ細胞に結合することで身体に侵入します。口腔内では、舌にACE2受容体が数多く存在すると言われています。舌の表面のACE2受容体に付着したウイルスが、一部は内部に侵入し、また一部は舌の表面に付着したまま剥がれ落ち、それが唾液に混じって全身にまわります。
舌には味蕾(みらい)とよばれる味を感じる感覚器が存在します。この味蕾にもACE2受容体が存在し、ここからもウイルスが侵入し感染します。そのため、感染時の症状に味覚異常を発現することも報告され、ひどい時は後遺症として残ることもあるようです。

※ACE2とは?

人の細胞膜に存在する膜タンパク質の一つで、本来は血圧を調整する役割をする。新型コロナウイルスのスパイクタンパク質がこれと結びついて、コロナウイルス感染の入り口となる受容体のことです。

歯周病がウイルス感染を招きやすくする?

歯周病菌の出すタンパク質分解酵素は、粘膜上の粘液を破壊したり、レセプターを変化させ、ウイルスの侵入を後押しします。歯周病菌は、歯と歯ぐきの間の溝(ポケット)に存在します。歯周病は、このポケット内で歯周病菌が増殖し、歯ぐきと歯を支える骨に炎症をもたらす病気です。また、歯周病菌は血管から全身にまわり、様々な糖尿病や脳血管障害、心筋梗塞、誤嚥性肺炎、低体重児出産などを起こすことも知られています。従って、歯周病が進行している人や歯周病を放置している人は、新型コロナウイルスの感染リスクが高いと考えられます。従って、新型コロナウイルスの感染から身を守る方法のひとつとして、歯周病を治療することでお口の中の歯周病菌を減らし、ウイルスの侵入を防ぐことが大切になります。

●口腔ケアがウイルス感染予防に有効なのか?

お口からウイルスが感染する可能性が高いとすると、なるべく感染しないような環境にしておくことが必要です。そこで、お口の健康を保つためには、ご自宅でのお口のケア(=ホームケア)と歯科医院でのお口のケア(=プロフェッショナルケア)の二本立てで臨みます。
まずは、ホームケアです。これらは、きちんとした歯磨き、フロスや歯間ブラシを併用しての徹底したプラーク(歯垢)除去、舌ブラシを使用しての舌磨き、さらに入れ歯の清掃・消毒などの自分自身で行うお口のケアのことです。しかし、個人の努力だけでは限界があるので、歯科医院で定期的な検診を受けて虫歯と歯周病のチェックをする。そして歯垢や歯石が付着していれば、それらを専用の器具で除去することで、歯や歯の周囲をきれいにしておく必要があります。これがプロフェッショナルケアになります。

当院のプロフェッショナルケアについて

歯ブラシの選び方の確認

当院では、患者さんに普段お使いいただいてる歯ブラシを持参していただきます。歯ブラシは口腔ケアにおいて一番大切なツールですし、全ての歯科治療のスタートだからです。歯ブラシ1本でも上手に使いこなせれば、十分口の中はきれいになります。歯磨きがきちんとできれば、歯科治療はスムーズに進みますし、予後も良好だからです。
当院では、お持ちいただいた歯ブラシが患者さんに合っているかチェックします。歯ブラシの大きさ、毛の具合、毛の先端の形、柄の形状、毛の硬さなどをチェックします。どんな歯ブラシでもその歯ブラシの特徴に合った歯磨きをすればよいわけです。しかし、「弘法筆を選ばず」とはいうものの、やはりその人のお口に合った適切な歯ブラシを使用した方がきちんと磨けます。ですので、当院では患者様一人ひとりにあった歯ブラシをお勧めします。普段電動歯ブラシをお使いの方にも、電動歯ブラシの適切な使用の仕方もご説明いたします。電気店で購入しても、きちんとした使用方法までは教えてくれないことが多いでしょう。当院では各種電動歯ブラシを調査し、それぞれの人に合った電動歯ブラシをご紹介しています。

補助清掃用具の選び方の確認

歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやフロス、舌ブラシの使い方・選び方も丁寧にお伝えします。それから、歯磨き粉、マウスウオッシュ、フッ素洗口液、歯間ジェルなどについてもご説明いたします。

歯の磨き方のチェック

歯の磨き残しを染色液で染め出して、どのくらい歯磨きできているか確認します。その上で適切な歯磨き指導を行います。そして、プロによる歯垢・歯石の除去、色素沈着の除去などを行い、お口の中をきれいにしていきます。1回の治療では終わりませんので、何回か通院していただき、自分自身でお口のケアができるようになってもらいます。その上で定期的に検診を続け、良い状態をキープしていきます。

終わりに

歯科医院で治療を受ける際に新型コロナウイルスに感染するのではないかという不安もある方もいらっしゃると思いますが、当院は感染予防に十分配慮しながら治療を行っています。ご自分のお口の健康に不安のある方は、ぜひともご来院して検査をお受けください。私たち明石台歯科医院のスタッフが皆様のお口の健康をサポートいたします。

仙台市泉区の歯医者 明石台歯科医院 新型コロナウイルス感染と口腔(こうくう)ケア
最新情報をチェックしよう!